・パタゴニア旅行記

ゲストハウスにて


⭐️パタゴニアその19

さしあたり旅に必要な予約を済ませた私は、今夜の宿泊場所であるホステル(ゲストハウスかな)に向かいます。こちらは、事前にエクスペディアにて予約済みです。まさかの野宿がないのは安心です。

 

~何年ぶりかの相部屋~

ハイシーズンの旅行ということもあり、飛行機代に大半の予算を取られてしまった手前、たかが一泊の宿にそんなにお金はかけられません。なのでカラファテでの宿は久しぶりにゲストハウスです。

アラフォーにして相部屋(ドミトリー、通称ドミ)に泊まることになるとは、、。

⚫️ドミトリーのイメージです

なるべく独りでいたい私ですが、今回は仕方なく覚悟しました。

 

〜ゲストハウスの主な仕組み〜

ゲストハウスは安宿の一種です。呼び方はいろいろあるようですが、ユースホステルに代表されるように、ホステルが昔はよく使われることばだったような。国にもよるかもしれません。

まず、シャワーやトイレは共同です。ドミトリー形式とは、部屋に二段ベットが複数置いてあり、宿泊部屋を複数人でシェアする形の宿泊形態です。つまり、知らない人が多国籍で一緒に泊まります。

⚫️上段か下段かも重要な二段ベッド

屋ではなくてベッドを借りるという概念から、自分のテリトリーはベッドの上のみです。

 

~ドミでの思い出~

学生時代の相部屋でのコミュニケーションにはそれなりの思い出があります。

  • 夜遊びで鍵のかかった部屋に入れなくなったデンマーク人のためにドアを開けてあげたり。
  • 軍人のような(絶対アーミー)カナダ人のタオルを間違えて自分のベッドにひいてしまったり。

 

⚫️必ず何か起こる

 

  • どれだけ節約したかを自慢する(猿岩石がはやっていた時期)も部屋で金を盗まれる日本人に遭遇したり。

 

⚫️自慢すんなよ

 

ろくな思い出がない。それでも、海外を旅するバックパッカーなら、誰もが泊まる経験をもつはずです。

 

~ドミに入ったなら

受付でチェックインし、自分の部屋とベッドを教えてもらいます。

部屋に入ると相部屋の人と遭遇、一応、挨拶はしますね。シャイおじさんの私ですので、とりあえず、「挨拶もできない非常識人ではないよ」アピールをしたら黙々と荷物を整理します。

⚫️いい人もいますよ、もちろん

同部屋に日本人がいたら混み入った情報交換もできますし、気が合いそうな外国人ならばいろいろと教えてもらえます。

 

~世界には、いろいろな人がいます

気が合うかどうかは人種を越えます。外国人の全てがノリノリいけいけを欲しているわけではないですし、パタゴニアは都市部と違って自然の中での冒険好きの人が多いので比較的気が合う人が多かったような気がします。

ゲストハウスでは、必ず個性と個性がインターナショナルにぶつかり合います。そういうのが好きな人はいいですけどね。いろいろ経験しましょう。

 

⚫️国境を越えてぶつかる個性

 

何だかんだでゲストハウスへの思いはまだ尽きない。続きます。

 

to be continued

 


関連記事

  1. ・パタゴニア旅行記

    南米パタゴニアってどこ?パタゴニア旅行の始まりの予感

    こんにちは“おじさん少年”です。今回はパタゴニアってどこ?というこ…

  2. ・パタゴニア旅行記

    飛行機内の「屁」について

    ⭐️パタゴニアその13こんにちは”おじさん少年”です。エミレー…

  3. ・パタゴニア旅行記

    パタゴニア旅行でのトレッキングに適した靴とは?

    こんにちは“おじさん少年”です。前回ではパタゴニア旅行のルートに新…

  4. ・パタゴニア旅行記

    パタゴニア旅行航空券ゲット!国内線も確保すべし

    こんにちは“おじさん少年”です。前回に引き続きパタゴニア旅行計画の…

  5. ・パタゴニア旅行記

    三大瀑布イグアスの滝も外せない!パタゴニア旅行に追加

    こんにちは“おじさん少年”です。パタゴニア旅行計画はまだまだ続きま…

最近の記事

PAGE TOP