・パタゴニア旅行記

パタゴニア旅行航空券ゲット!国内線も確保すべし


こんにちは“おじさん少年”です。

前回に引き続きパタゴニア旅行計画の話です。今回は旅の航空券ゲットについて書こうと思います。日本からの国際線だけでなく、ハイシーズンのパタゴニアでは国内線のチケット確保も必須です。

⭐パタゴニア旅行記 【その3】

前回、ガイドブック(地球の歩き方)をベースにして大まかな旅行プランを立てました。明らかになったのは「何はともあれ航空券が確保できなければお話にならない」ということでした。まずは、絶対に必要な航空券を押さえていきましょう。

日本からアルゼンチンへ 国際線のチケットを確保!

パタゴニアへ入るには「アルゼンチンIN」と「チリIN」の2パターンがあるのですが、私は自然と「アルゼンチンIN」を選んでいました。なぜかというと、正直「チリIN」の発想がなかったからです。

“日本からアルゼンチンの国際線”は「成田or羽田→経由国→ブエノス・アイレスがスタンダードです。直行便はないです。

今では航空券の検索サイトやアプリがいろいろありますから、そちらで押さえるのがベストでしょう。当時はエクスペディアで一気に押さえてしまいました。日本からブエノス・アイレスと打ち込めば先に進めます。

パタゴニアの繁忙期シーズンは?航空券の値段の違い

出発月は12月でした。パタゴニアのハイシーズンはもろ12月後半からです。日本の7月と同じ感じです。世界的にも長期休みの時期ですから航空券の値段もマックスを迎えます

私は当初、12月の航空券はクリスマスが値上がりの境目だと思っていました。実際は、25日前後ではなくて、20日が航空券値上がりの境目」だと思います。つまり、20日からは激高になります。値段は時価なのでなんともいえませんが、私の場合18万のチケットが+10万くらいになったりしてました。

そんな時期に休めるか!

よく思うのですが、普通社会人って12月20日なんてまだ仕事がガンガン入っている時期ですよね。私が言えたことではありませんが、12月25日前に休める人なんてそんなにいないのだから20日から激値上げする意味がわかりません

20日から休めるのは学生ぐらいなものです。しかも最近では、「学生の旅行離れ」がやたらと叫ばれています。だったら20日からの激値上げは勘弁してほしいですよね。休みに恵まれた人しか安く買えない。

と言いつつ、私は18日出発のチケットを取ることができました

背に腹は代えられないとはいえ、内容が同じチケットを激高の状態で買わされるのは本当嫌です。なんとか20日前のチケットをゲットできるように休みを調整するしかなさそうです。

ドバイ経由でアルゼンチン・ブエノスアイレス入り

ブエノス・アイレスのホルヘニューベリー空港までは、あのエミレーツ航空を使うこととなりました。航空会社にこだわりはないのでなるべく安価なものを選んだのですが、ゴージャス風なエミレーツが一番安かったです。しかも羽田発(私は初めて)もちろんドバイ経由です。

ドバイでの乗り継ぎのためにドバイに一泊します。「ついでにドバイ観光でもするかーという気になります。ドバイからブエノス・アイレスはブラジル経由、ただしこれは空港で数時間の待ちですのでブラジルでは降りません。そしてようやくアルゼンチンです。

絶対に後回しにしてはいけない!アルゼンチン国内の航空券ゲット

パタゴニアの玄関口はエルカラファテという街です。せっかくブエノス・アイレスまで来てもこのエルカラファテ行きの国内線が取れないとパタゴニアは「オジャン」です。国際線と同時に押さえておくべきです。エルカラファテまで行ければパタゴニア内は陸路で回れます

●「国内線もう満席じゃん」とならないように

オンシーズンではパタゴニアを目指して来る人が世界中から集まりますので国内線も激混みとなります。「パタゴニア旅行プランの詳細を決めてから国内線のチケットを確保する」だと満席の可能性がありプランも崩れてしまうので「チケット確保→旅行プランの詳細を決める」の方がよいでしょう。私はエクスペディアで国際線と同時に取りました。国内線はアルゼンチン航空がメインです。

国内線が満席だったら?

ブエノスアイレスからエルカラファテには長距離バスで行くことも不可能ではありません。路線図で見る限り48時間(そんな名前の映画を見て育ちましたが)くらいかかりそう、、少なくともすさまじい時間を要すことは間違いありません(地図を見れば明らか)。

⚫めちゃ遠い

「長距離バスの旅も楽しそうだなー」というのは幻想、地獄を見ます。私はカナダで18時間くらいグレイハウンドの長距離バスに乗りましたが発狂しそうになりました。飛行機の威力は偉大です、金払った方がいいです。

ドバイ → ブエノス・アイレス ⇒ エル・カラファテ  ブエノス・アイレス → ドバイ

は国内線)これでパタゴニア往復の空路は確保できました。

チケットはいつぐらいから確保すべきか?

早めにと言っても修学旅行じゃないのだから1年前から予定を立てるなんて現実的には無理だと思います。私は12月パタゴニア到着のチケットを10月に購入しましたから、少なくとも2ヶ月前にはもう購入の段階に進めるようにした方がよいと思います。ハイシーズンに行く場合、直前だと完売してるか、すさまじい値上がりをしているでしょう。

次回は宿泊場所の確保の作業にかかります。

to be continued


関連記事

  1. ・パタゴニア旅行記

    パタゴニア キャンプ道具話

    ⭐️パタゴニアその11パタゴニアのキャンプ・トレッキング、持っ…

  2. ・パタゴニア旅行記

    ファイントラック カミナドーム2とアライテント オニドーム2

    ⭐️パタゴニアその26ポインセノットキャンプ場にてパタゴニア初…

  3. ・パタゴニア旅行記

    エルカラファテでのプチ観光 ニメス湖でチリフラミンゴを見よう

    こんにちは“おじさん少年”です。カラファテのゲストハウスにてフラン…

  4. ・パタゴニア旅行記

    ブエノス・アイレス到着

    ⭐️パタゴニアその16いよいよアルゼンチンはブエノス・アイレス…

  5. ・パタゴニア旅行記

    南米パタゴニアってどこ?パタゴニア旅行の始まりの予感

    こんにちは“おじさん少年”です。今回はパタゴニアってどこ?というこ…

最近の記事

PAGE TOP